デジカメ写真・俳句の展示

▼プロフィール 

雅陽(がよう)

  • Author:雅陽(がよう)
  • 現在はこちらをメインに活動しています。▼画面クリックで飛びます。^^


    シニアになってから自己流で始めた俳句とデジカメを気儘に楽しんでいます自分で褒めて強気でGO!!
    コメントいただけると嬉しいです。過去の画像へのコメントも大歓迎♪

▼コミュニティ 

「でじかめ倶楽部」に参加しています。 バナーをクリックで見て下さると嬉しいです♪

▼最新作品+コメント 

最近のコメント

▼最近のトラックバック 

▼リンク 

このブログをリンクに追加する

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ --/--/-- --:--|スポンサー広告編集

 

081229-9.jpg
2005年に他界した次男の描いた絵に、フランス在住の妹が一枚一枚絵にあった額装をしてくれました。
我が家の玄関を入ると、そこは次男学のギャラリー♪
並べ方はまだ決定していませんが、とりあえず全部飾ってみました。

一昨日我が家に来た次男の友人から、是非ブログにUPして欲しいと言われましたので、
昨日写真に撮ってみました。(^_^)v
額装師範級の妹の作品とのコラボで、次男の絵が一層見応えのある作品になったと、
親ばかの私は、玄関を通る度にうっとり眺めております。^^;

☆「写真ブログ」ランキング参加中。13時現在、585位 -11693サイト中
励みになります!1日ワンクリック♪応援お願いします。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ 2008/12/30 13:00|ハンド・メイドトラバ:0コメント:12編集

 

081229-7.jpg
次男の居ない4度目のお正月を明後日に控え、今年一年を振り返ってみますと、
私にとって今年は昨年までのモノトーンの世界から徐々に淡彩の世界へ、
そしてところどころ濃い上塗りをも交えた世界へと移行していった年だったような気がしております。

昨年までは、出かけたり人と話すことを極力避けて、
近所で一人で写真を撮っている時が一番心休まる時間でした。
しかし、今年は春に所用で長野に出かける主人について行ったのを皮切りに、
義姉に誘われて伊豆に出かけたり、
今まで誘われても心動かなかった妹の住むパリに出向いたり、
姑に会いに秋田に出かけたり等々、
自分から動く気になって遠出をした一年となりました。
ブログランキング・にほんブログ村へ 2008/12/30 13:00|ハンド・メイドトラバ:0コメント:0編集

 

081229-5.jpg
出かけた先で、今まで見えなかったもの、気付かなかったものが急に見え始め、
あ~、こういう世界が以前から存在していたのか~と、不思議な気持ちになったり、
ス~ッと、雲の上から地に足が降りたような感覚も覚えました。

又、近所の方にパッチワークのサークルに誘って頂いたお陰で、
長時間他人と向き合って時間を過ごすことが出来るようになりました。
そして昔から好きだった手仕事をする魅力も思い出し、
作品を手作りしている内に、家に一人で平気で居られるようになったのも大きな変化のひとつでした。
誘われて出掛けたり、人の集まりに参加できる気分になれたことで、
急速に世界が広がっていきました。
ブログランキング・にほんブログ村へ 2008/12/30 13:00|ハンド・メイドトラバ:0コメント:0編集

 

081229-6.jpg
気が付けば、「居るはずの次男が居ない我が家」ではなく、「次男の姿が見えない我が家」というものに慣れていたような気がします。
とは言え、私の心に棲みついている次男に相変わらず話しかけながら過ごしている毎日ではありますが、
次男の姿のない我が家に慣れてきたことで、私の歴史が次のページに進んだ気がしております。

暮の大掃除を積極的にしている姿を見た主人が、
「お母さん、やっと喪が明けた感じだね」と言っておりましたが、なるほど~と思いました。
色々なことがベールを剥いだように見えてきた今、来年は写真だけではなく他の事にも積極的に取り組めそうな気がしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ 2008/12/30 13:00|ハンド・メイドトラバ:0コメント:0編集

 

081229-8.jpg
この二つの額は、次男の部屋に飾りました。
まだ描きたての2003年の作品の為、玄関のアジサイ同様、岩彩絵の具ではなく、
水彩色鉛筆で描いています。
他は全て創作二年目の2004年の岩彩絵の具で描いた作品です。^^

皆様は、どの作品がお好きでしたか?
私は、見るたびに違うので、結局み~んな好きということかもしれません。^^
ぜ~んぶの作品が、我が家の家宝です。 \(^o^)/

この一年、いつも暖かく見守っていて下さった皆々様、本当にありがとうございました。
来年もハートの次男に語りかけながら、仲良く過ごしたいと思っております。

年を経て色濃くのこる吾子の笑み切なき思ひ置き去りにして


さて、残すところあと一日!
大晦日は、やっぱり雫をUPしたいと思って、今庭に水を撒いて雫を撮ってきました。
では、今年最後のご挨拶は明日雫で♪ (^_^)/



ブログランキング・にほんブログ村へ 2008/12/30 13:00|ハンド・メイドトラバ:0コメント:2編集

 

081224-3.jpg
これは、 息子達が小さい時に作ったものなので、ン十年前に作った年代物です。
右下の白いツリーは長男が小学生の時に私と一緒に作ったものです。
あ~、あの頃は可愛かったなぁ~~~~~。^^

▽続きを読む▽
ブログランキング・にほんブログ村へ 2008/12/24 15:55|ハンド・メイドトラバ:0コメント:2編集

 

081224-1.jpg
今日はクリスマスイヴですね~♪
子供が大きくなっても我が家は毎年飾っています。皆様のお宅はいかがですか?
これは今年私が作った直径30cm位のクッションです。 ^^
今朝まで車のバックウィンドウのところに飾っていました。^^

☆「写真ブログ」ランキング参加中。15時現在、962位 -11632サイト中。
励みになります!1日ワンクリック♪応援お願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ 2008/12/24 15:55|ハンド・メイドトラバ:0コメント:0編集

 

081110-5.jpg
ハンドメイド繋がりで最近作った私の作品をUP♪
鈎針編みのモヘヤの毛を立てた帽子は、姑にプレゼントしました。^^
口にチャックをつけたパッチワークの手さげと、同布のお財布は、妹へのプレゼント♪
草履型の小さなお財布は作るのが大変だったので、誰にも上げません。^^
ピンクのは鍋掴みですが、勿体無いので次男の部屋で花瓶敷きとして使っています♪


▽続きを読む▽
ブログランキング・にほんブログ村へ 2008/12/24 15:55|ハンド・メイドトラバ:0コメント:0編集

 

080918-7.jpg
〔老後の楽しみに、約三週間滞在してきたフランスで撮った写真を数日かけて残したいと思います。通常の写真ブログを期待して来てくださった方、ごめんなさい。ぺこ <(_ _)> 〕

9月3日(水)
いきなりですが、この三つの作品は、妹から教わりながらフロバンスの生地で作った私の作品です。
カルトナージュとは、ボール紙を思い思いの形にカッターで切って、糊で布を貼ってヘラで仕上げるのですが、これが結構難しい!でも面白い♪
観光ばかりではなく、このカルトナージュを自分で作れたことは大きな収穫でした。
妹宅の隣のビルに額装屋さんが入っていたので、専用の糊やカッターなど色々買い込んでしまいました。これからもパッチワーク同様家でも楽しむつもりでいます。^^

☆「写真ブログ」ランキング参加中。19時現在、423位 -10361サイト中。
励みになります!1日ワンクリック♪応援お願いします。




▽続きを読む▽
ブログランキング・にほんブログ村へ 2008/09/24 19:00|ハンド・メイドトラバ:0コメント:2編集

 

080330-1.jpg

オマケは・・・、
実は二月から月に二回、近所の方からパッチワークを教えて頂いています。
右の小さな方のショルダーバックが教えて頂いて作った処女作です。
左の大きな手提げと、「続きを読む」の小物は、布が余ったので自己流で作ってみました。^^;
未熟品だけれど、完成記念にUP♪「続きを読む」にもUPしてま~っす。^^

▽続きを読む▽
ブログランキング・にほんブログ村へ 2008/03/31 20:15|ハンド・メイドトラバ:0コメント:8編集

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

▼カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

▼もくじ 

▼ブログ内検索 

RSSフィード 

全記事(数)表示 

全タイトルを表示

管理者用 

▼オススメ商品 

Copyright(C) 2006 ■自  画  自  讃 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。