デジカメ写真・俳句の展示

▼プロフィール 

雅陽(がよう)

  • Author:雅陽(がよう)
  • 現在はこちらをメインに活動しています。▼画面クリックで飛びます。^^


    シニアになってから自己流で始めた俳句とデジカメを気儘に楽しんでいます自分で褒めて強気でGO!!
    コメントいただけると嬉しいです。過去の画像へのコメントも大歓迎♪

▼コミュニティ 

「でじかめ倶楽部」に参加しています。 バナーをクリックで見て下さると嬉しいです♪

▼最新作品+コメント 

最近のコメント

▼最近のトラックバック 

▼リンク 

このブログをリンクに追加する

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ --/--/-- --:--|スポンサー広告編集

 

2004年詩歌       選句


草の芽や友呼びとめて立ち話
風露草透けて夏陽の庭の先
緑ふる木々の迫るや蝉時雨
憂さながす夜更け湯殿や虫しぐれ
静けさや萩散る庭の雨のあと
湯をかぶり壁に呟く秋夜更け
気弱なる我の瞼に逞しき母の姿の蘇へる宵
シャッターの弾ける先や秋の富士
冬陽ざし映す川面や太公望


            2004年詩歌 
群れなして野鳥の猛る冬の朝
屠蘇かわす笑顔に福の神宿る
便りなき友を案じる寒の入り
ひそやかに冬草青く息づきぬ
ほほ笑みの遺影になみだ冬の葬
植鉢の雪一色に咲いてをり
縁側にしばしまどろむ寒日和 
祝福の詞に酔ひし寒夜かな
冬晴れて家事促され主婦しをり
患ひて傷癒えぬ間に喪主の席片胸庇う友よ頑張れ
哀しみの足元照らす凍ての星
凍て空の星くず凛と鎮まりぬ
散ってなほ芳しきかな冬の梅
気だるさに日がな一日まどろみて夢に遊ばれ又疲れ果て
黄昏の冬三日月を置き去りに飛行機雲の進みゆくなり
雲間より陽射しこぼれて降りそそぎ天より数多橋のかかるや
豆撒きの声遠慮する星夜かな
彩りの春訪れて土いじり
稜線をなぞりて鴉春の朝
陽の落ちて稜線染まる春日かな
春陽落ち藍滲みより沼眠る
片乳房失いし友微笑みの戻りて安堵春日のランチ
夕闇の対岸ネオン浮き上がり広がる沼の暗き静けさ
陽の射して干し物踊る春一番
沈む陽に春鷺染まる川の淵
芯までも凍てつきし身に陽の注ぎ希望に向かひ心ほどけむ
春霞こころぼやけて行き迷ふ
懐かしき思ひめぐらす春の宵
四季巡り人もめぐりて世の回る喜怒哀楽の無常なるかや
熟れ落ちてあおきトマトに憧るる
われ先に苺頬張る夕餉あと
突然の振り向く笑顔春ひざし
花芽時花粉飛び交ふ庭先のくさめの声の華々しきや
春うらら曲の流れて寝転んで雲流れゆく様を眺むる
夫々の花の神秘に吸い込まれ神の存在脳裏をかすめ
闇空に励ます如く辛夷咲く
ほの白く夜道の行く手いざなへり辛夷連なり明日へと繋ぐ
宙見据え涙滲ます傍らに只佇みて成す術もなし
雲間より光まばらに射し降りて俯くこころ望み擡げり
春雨の雫まとひし蕾かな
花芽立ち沈むこころを励ましぬ
春雨や音なく降りてまた止みぬ
春雨の上がるを待ちてルージュひく
気弱なる我に眩しき春陽射し
春の夜の静寂(しじま)に怯え息をつめ
見上ぐれば桜うつむき咲くを知る
うつむきて咲く桜花吾もまた春にゆだねむ沈む心を
花冷えや母を詠ひてぬくもりぬ
雨あがり新芽の雫陽を集め
桜花ひとひら髪にとどまれり
チューリップ強き陽射しに慌て咲く
疲れ身の頬撫でる風あたたかく現(うつつ)忘れて夢にまどろむ
突風に花散る如く友の逝く遺影の笑顔涙を誘ふ
天高くのびゆく枝に芽吹き増し春陽透かして欅息づく
風に耐え乱舞芽柳ちから増し
淡く濃く翠のころも春の山
めざましき草の丈かな春の里
風ゆらぎ柳の間(あひ)の春の川
砂遊び越へて広がる春の海
上京を心待ちする姑の今朝の電話の声弾みをり
言の葉の行きかう夕餉姑の笑顔誰より愛らしきかな
着飾りて夏物探しショッピング姑の足軽やかにゆく
雨あがりすかんぽ紅くそよぐ土手姑(はは)重ね着の散歩楽しむ
カーディガン羽織る立夏の肌寒さ煎茶すすりて姑語る夜
姑や名残惜しんで故郷へ我荷物持ち送り届けむ
雨上がりみどり清かに息づきて吾また深く息をするなり
小糠雨侘しさつのる芥子坊主
遠き日の夜半の時めき父語る声色楽し昔話よ
恋よ来ひ恋に恋して恋の歌故意に詠ひて濃ひ恋を請ひ
静かなる五月雨はおる草の原
雨しずく頬寄せあひて擬宝珠かな
白鷺や羽色の空にはばたけり
目に清か小雨そぼ降る青田苗
雨足の先を彩るあじさい花
鷭の子や川面の雲と戯れり
風露草透けて夏陽の庭の先
べつたりとソファーに凭れ夏の雲
みどり揺れ艶増す梅雨の走りかな
青田風心の痞ゑ拭い去ぬ
緑陰や見知らぬ人に会釈する
梅雨空に遊歩コースを地図で追ひ
梅雨晴れ間群れなし猛る野鳥かな
紫陽花の花裏木戸を隠しをり
梅雨寒や揺れる蕾の京鹿の子
雨あがり夏風ふわり白蝶草
淡く濃く花びらの波菖蒲園
絡みつき薮を彩る凌霄花(のうぜんか)
見上ぐれば泰山木の花かほる
十薬の匂ひ手に染む庭掃除
梅雨晴れや青一色の窓や窓
七変化崖の淵より零れ咲く
石垣や転げ落ちたる蜥蜴の子
土白き箒目残る南天花
たたずめば光を纏ふ青き蔦
薄っすらとミラーにうつる今年竹
蟻の道洗濯物のはためきぬ
移りゆく竹の葉色や夏の風
ねじ花や岨路におはす地蔵尊
乱れ風寄り添ひ飛ぶや夏の蝶
鉄橋の音轟くや孔雀草
まさをなる台風一過畦の道
ぬけ道や足もと惑ふ蛇苺
繰り返し戻る蜻蛉や花穂先
T字路に沿って翔びをりつばくらめ
梔子のかほり誘ふやけもの道
もつれ合ひ夏蝶蜜を吸ひにけり
今年竹陽の射す山を揺らしけり
汚れてもなほ七変化路傍かな
たまゆらの淡く燃へるや合歓の花
つりがね草うつむき咲くや風の道
路地裏もネオンの街も葵立ち
雨樋の音耳つくや戻り梅雨
虚ろなるこころ梅雨空うつしけり
ふはり咲く葵の花や黄昏路
ひたぶるに思ひめぐらす木下闇
昼顔の儚く咲くや空き地の端
雨落ちや葉ゆらぐ先に雨蛙
夏つばめ道掃く如く飛びにけり
萎れるやカメラ待てぬか月見草
花惑ふ枝ざわめくや夾竹桃
朝曇もの思ふ先不透明
寝ころんで無気力なりや梅雨籠
夏あざみ棘ひかりをり草の原
打つ雨に姿くずすや合歓の花
陽の翳り文月の朔吐息かな
あきらめの揺らぐ心や風知草
佇みて気の寒さ増す初雪草
朝露や儚く消ゆる時の明け
行く行くの青鬼灯や空(から)炎
願ひごと迷ひ選ぶや星まつり
集ひても隠せぬ愁ひ白桔梗
うな垂るる紫蘇の葉待つや天つ水
炎天や絵画のごとく静止せり
幼子のはしゃぐ声立つ驟雨かな
涼風や人心地する静夜あり
灼熱の眺め吐息やアイスティー
しゃぼん玉われて現(うつつ)のはしゃぎ声
風鈴の音色虚しき暗夜かな
梅雨明や幼子路地に湧きにけり
水引の紅さゆらぐや風の道
朝まだき草抜き無心庭の風
静けさや暑さ抱へてまどろみぬ
雑草も極暑極まりしおれをり
まどろみの時長引くや暑気中り
西日濃き庭に吐息や萎れ花
ふわふわと虚ろなるかや水中花
胸に沁む友のエールや夕涼み
寝返りて夏雲うごく午睡かな
突然の月の明かりや有頂天
凭れたる湯ぶね余情や祭笛
灯れども孤影うつるや走馬灯
涼風や急かず眺めむ歌心
夏痩の身に羨まし啖呵かな
夏枯れや一人二人と去りにけり
月隠れ闇夜もどるや夢のあと
越えてなほ山連なるや秋の風
寝ころんで茶の間に聞くや遠花火
秋風やこころ 曠野ら彷徨へり
青栗の枝抛入(なげいれ)て一休み
白日の路地横切るや夏の蝶
朝涼や青き艶の実目立ちをり
背を向けて向日葵咲くやその朝も
かき氷気もそぞろなり長電話
緑ふる木々の迫るや蝉時雨
在りし日の父母の笑顔や盆の入り13日夕方
落ち蝉の天を仰ぐや夕の風
うつつ避け夢と逃げるや星月夜
新涼やそぼ降る雨に吐息もれ
雨粒や光りとなりぬ蜘蛛の網
せめぎ合ふ技に声援秋日和
憂さながす夜更け湯殿や虫しぐれ
土産手に草臥れ顔や盆の明け
秋風の吹いて揚げ物膳に乗り
虚ろなる君黙してや秋の夜
朝まだき項(うなじ)なでるや秋の風
人知れず絡み咲くかや灸花(やいとばな)
透き襞をふるはせ咲くや百日紅
群れなして鵙の猛るや草の原
嫋やかに疾風(はやて)いなすや萩の舞ひ
虫の音や愁ひさゆらぐ夜半の床
歌に遇ひ歌を詠ひて歌迷ひ歌に潤ふ歌学ぶ日々
天窓の秋雲追ふや歯科治療
ひかりなる狗尾草(ゑのころぐさ)や夕の原
彩りの花火うつして沼の華
身構へる連打花火や音の波
沁み入るや愁ふ心に虫時雨
淡き夢月待つ夜やすがたなし
秋色や愁ひかさねて深まりぬ
秋風や吐息つく夜の戻り道
黄金の穂ゆれ広がるや迷ひ道
月見えぬ闇夜つづくや落つ心
野分立ち雲の早さや胸騒ぎ
背をむけて独り思ふや月の秋
虫の音や詮無ひ思ひ誘ひぬ
向日葵の朽ちて並ぶや線路端
亡き母の面影みるや夏疲れ
群れ咲くや畑を縁取る韮の花
雨あがり稲穂伏せるや黄毛氈
大風や睦き秋蝶わかれ舞ふ
夜半の秋寄せて荒れるや風の波
長月と名の付きし膳目に美味し
湧きいずる愁ひ流せや秋の雨
気力失せただ寝転ぶや秋の雲
もの憂げに時の止まるや梨剥く手
風はこぶ稲扱きの音や子守唄
秋茜はなれ戻るや竿の先
落ち蹴られ傷青柿や通院路
闇夜突く雷(いかずち)に聞く友の声
碧海のフォト励ますや秋愁ひ
野の花や咲いて侘しき苅田道
風吹けど花梨こずえに香と残り
干し竿の雫見つめて秋の朝
待宵やこころ映してなみだ空
今日の月まだら雲間やぼやけ射す
望月やまだら雲間にかくれ射し
萩の花雫ふくみて華の失せ
十六夜や雨音こぼれ隠(こも)りたり
雨去るや立待ち月に見惚れをり
菊の花手入れ怠る庭のすみ
憎らしや鉢にはびこる猫じゃらし
待ちわびて背伸びする夜や居待ち月
電燈を消して月見の長湯かな
夕の陽に光る芒のさやぎけり
雲覆ふ重きこころや寝待月
秋雨や音耳につく静けさよ
乾し物に部屋あけ渡す秋黴雨(あきついり)
立ち話かほり包むや金木犀
秋の夕うすくれなゐの川面かな
颱風に閉じ込められて不貞寝かな
長湯して友思ふ夜や虫時雨
やゝ寒く饂飩すすりて和みたる
秋霖や幹黒く染む庭の木々
湯をかぶり壁に呟く秋夜更け
静けさや萩散る庭の雨の後
シャッターの弾ける先や秋の富士
曇天や柿の実赤く浮き立ちぬ
ふと目覚めこころ揺らぐや夜半の秋
朝ぼらけさゆらぐ穂先土手の秋
跳ね返る雨に見入るや秋の朝
夜食あと唸る風雨や闇の外
乱菊を束ねとほるや風のあと
晴々と寄り道の空秋の幸
鳥狙ふたわわなる実や背戸南天
苦の先の快を願ふや災の秋
朝寒や安堵の胸も震へをり
秋日和微睡眼色気無
陽だまりや漫ろゆく背に秋茜
音もなく雨の運ぶや冬模様
塀越しに菊こぼれ咲く上り坂
朝霧やふわり消へゆくウオーカー
ため息や胸深く沁む朝の霧
小春日や心の内を繕ひぬ
枝先の黄葉透かすや入り日影
立冬やこころの備え無きままに
履物も夜露宿りし軒の下
墨色の木立靄晴れ黄葉かな
小春日や工事の音も子守唄
雨はげし菊花うつむく庭の先
虚ろなる瞳に映る時雨空
遠回り伸びらかなるや小春空
薄墨のこころ映すや冬の空
走り去る童子つつむや霧の雨
鉄橋の震へ運ぶや小夜時雨
茫漠と冬の尾花や日本晴
花こぼれ幼子はしゃぐや山茶花路
咲く春に思ひ馳せるや庭仕事
末枯(うらがれ)て鳥啼くこゑの響きけり
萩刈れば散る葉足元染めにけり
草陰や色なき蟷螂ひそみたり
夕さりて影浮き立つや冬木立
木漏れ日や落葉に影を落としけり
月明(さや)か雲光り浮く夜半の冬
月影や川面にゆれる夕間暮れ
月冴ゆる色なき河に砕け散りkisimenxp
抱かれし陽に頬染める紅葉かな
寂々と足もと見つめ落葉かな
枯木立足踏み入れて森閑と
小枝踏む音のわびしき落葉径
小春風玉ゆら錦たはぶれり
薄紅の川面たゆたふ浮寝鳥
目先ごと追ひて着きたる果ての月
荒涼と枯草さわぐ河原かな
漫ろ人まろなる影や冬の土手
吹き溜まり冬の嵐の爪の後
陽だまりや鈍き羽音の冬の蜂
何気なき畏友の声や冬ぬくし
灯されて銀杏黄葉の浮かびけり
枯蘆や色なき沼に音もなし
冬靄や啼き声のみの届く朝
整へし枝束ねるや暮来月
点々と街灯もやる冬の朝
裸木やとほく列車の消え去りぬ
夜半の冬光りの帯の列車かな
透き映す陽の儚さや冬紅葉
山下る風舞ひ上げし枯葉かな
水仙の蕾いざなふ未知の年
年の瀬や戻らぬ過日思ひ知る
電飾や聖夜間近の住宅街
揉み療治身の気だるさや凍ての星
冬朝日瓦にひかり落としけり
仕舞い湯のふやける柚子や夜半の月
窓拭きや背に降りそそぐ冬陽射し
便乗し馳走頬張る聖夜かな
探し物不意に現る大掃除
鉄橋の轟く朝や暮古月
気忙しく訪ね去ぬるや年の暮
急く心諌むるごとし雪の舞
災ひの渦巻く年や雪時雨
腕に縒り御節作りや暮の夜
恒例の投売りの声大晦日
押しなべて地の固まるや除夜の雨
新玉の年に抱くや夢数多
主婦業の仕事始や割烹着
懐かしき妹饒舌の寒夜かな
初売りや掴んで迷ふ福袋
歌詠みの余裕なき日々年初め
病む吾子の寝息数えし寒夜更け
薄墨の雨に灯るや蝋梅花
凍て星や眠れぬ夜に息づきぬ
寒夜とて健やかなるや腹の虫
見惚れるや群れ舞ふ翼寒の空
色失せし庭の明かりや黄水仙
一面の枯野進むや誕生日
はにかみて夫のさし出す花束に吾子等喝采しあわせの夜
口笛の掠る寒気や山のこゑ
寝返りて湯婆(たんぽ)重たき夜明け冷ゑ
バラードの流るる朝や雪模様
鉢植の雪一色に咲いてをり
しな垂るる竹の小径や雪あそび
うたた寝や見返りの咳慌てをり
真夜中の喉の痛みや花梨飴
ティッシュ箱抱え洟かむ夜明けかな
夕暮れて灯り透かすや枯木立
寒鴉稜線なぞり染まりゆく
もの思ふこころ侘しや寒寝床
咳き込みて両の手のゴミ重き朝
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ 2004/01/01 00:00|2004年詩歌トラバ:0コメント:0編集

ホーム 全記事一覧

▼カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

▼もくじ 

▼ブログ内検索 

RSSフィード 

全記事(数)表示 

全タイトルを表示

管理者用 

▼オススメ商品 

Copyright(C) 2006 ■自  画  自  讃 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。