デジカメ写真・俳句の展示

▼プロフィール 

雅陽(がよう)

  • Author:雅陽(がよう)
  • 現在はこちらをメインに活動しています。▼画面クリックで飛びます。^^


    シニアになってから自己流で始めた俳句とデジカメを気儘に楽しんでいます自分で褒めて強気でGO!!
    コメントいただけると嬉しいです。過去の画像へのコメントも大歓迎♪

▼コミュニティ 

「でじかめ倶楽部」に参加しています。 バナーをクリックで見て下さると嬉しいです♪

▼最新作品+コメント 

最近のコメント

▼最近のトラックバック 

▼リンク 

このブログをリンクに追加する

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ --/--/-- --:--|スポンサー広告編集

 

(次男2005年2月7日没 享年25歳)

2004・03・31   駆け出して胸が高鳴る花見かな

2004・10・16   秋風や夕陽に浮かぶ富士の山

2004・10・18   分け入りて白く広がる芒かな

2004・10・19   筆執りて思ひ巡らし秋時雨

2004・10・20   秋霖や思ひ浮かべる友の顔

2004・10・21   そぞろ寒胸のいらつき消えぬ夜

2004・10・23   秋空や土手を登れば別世界

2004・10・25   秋の夕川面に映る紅ほのか

2004・10・27   友の声聞こえぬ電話秋の風

2004・10・28   便りなき友案ずるや秋の暮

2004・10・28   咳込んで苦しさ増すや胸の奥

2004・11・03   文化の日返信待てど便りなし

2004・11・04   小春日やドライブ嬉し病み上がり

2004・11・05   荒道を走り抜けるや芒原

2004・11・05   天つ空大地を包む芒風

2004・11・06   秋の夕光りきらめく水溜り

2004・11・11   舞ひ落ちる欅黄葉や母の肩

2004・11・13   病みあがり湯舟につかる冬日和

2004・11・15   虚しさや心に沁みる朝時雨

2004・11・16   雨あがり苛立ち増すや落ち葉掻き

2004・11・18   明日に賭け曇天の下(もと)冬籠り

2004・11・19   リビングやポインセチアの色冴へり

2004・11・20   小春日や友と語らふ夢の中

2004・11・20   蜜柑むき香りしみつく指の先

2004・11・22   寝床から欅黄葉を眺めをり

2004・11・24   くる年に思いを馳せる暦かな

2004・11・26   冬寒や歌声部屋に響きけり

2004・11・29   雲間より陽の射し込むや冬の空

2004・12・02   学友と気ままに語る冬日和

2004・12・06   写メールや心は京都冬もみじ

2004・12・08   冬木立木洩れ日うけるベンチかな

2004・12・09   追ひつかず暦作りや暮れ早し

2004・12・10   日暮れ時心和むや冬霞

2004・12・15   照れ笑ひ母とデュエット忘年会

2004・12・20   朝夕と時を刻みし冬模様

2004・12・30   深々と降り積もる雪眺めをり

2005・01・03   新春や友の便りの届く朝

2005・01・13   母寝込み父張り切るや鍋料理

2005・01・30   意気投合熱く語らふ冬日和

2005・02・03   春の風邪点滴ながめ過ごす午後

2005・02・03   注射針訪問看護春寒し

2005・02・05   熱下がり心晴れやか春うらら

2005・02・05   白鳥の親子じゃれあう昼下がり

2005・02・06   春近し友の訪問待ちわびる
ブログランキング・にほんブログ村へ 2005/02/07 00:00|俳句(次男)  44句トラバ:0コメント:4編集

コメント
素敵なうたをありがとうございます
雅陽さん、存じ上げなくて、今初めてこのページを
紐解きました。
素晴しい俳句ですね。
感動しました。
拝見していて彼がもう居ないのかと思うと、
とても残念です。

今日のお花、どの作品も綺麗でした。
ご冥福をお祈りもうしあげます。
ありがとうございました。
cocowa #2sQQXnjA|2005/07/11(月) 22:10 [ 編集 ]

cocowaさん♪
ありがとうございます。
語りつくせない思いがあります。
絵手紙の作品も何枚か遺しているので、
いつか載せたいと思っています。m(__)m
雅陽 #mQop/nM.|2005/07/12(火) 06:23 [ 編集 ]

才能溢れる句と絵
わざわざいらして頂き、コメントも頂きましてあ
りがとうございました。嬉しかったです。息子
様の句、絵、素晴らしいものばかりで・・・。
雅陽さんの大きく育ったBLOGの中の一つ一
つの美しい写真から、込められたお気持ちが
伝わります。これからもよろしくお願いします。


summerlake #-|2008/10/08(水) 21:47 [ 編集 ]

summerlakeさん♪
次男は、亡くなる一年半位前から、折につけ句を詠んでいました。
若者らしい感性で、私も脱帽。^^
絵も、私たちに遺す為に描いたのではないかと思うほど、
晩年になって描き始めたので、数は少ないのです。
一句一句に、そして絵の全てに思い出があり、
こうして亡くなって3年8ケ月も経つのに、
今、改めて見直してウルウルしております。
時の篩には、いい思い出ばかりが残っております。
亡くなって以来、いつも心の中の次男と時を共有しております。^^
コメントとても嬉しかったです。ありがとうございました。
雅陽 #mQop/nM.|2008/10/09(木) 11:07 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://gayou.blog4.fc2.com/tb.php/492-d0e8cf9d

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

▼カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

▼もくじ 

▼ブログ内検索 

RSSフィード 

全記事(数)表示 

全タイトルを表示

管理者用 

▼オススメ商品 

Copyright(C) 2006 ■自  画  自  讃 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。